ホーム > 過去大会 > 第13回(2017年)結果

第13回(2017)結果

概要

2017年3月2日(木)~4日(土)
参加者数:250名(審査員2名を除く),チーム数:59チーム

表彰

ロケットコンテスト大賞

鹿児島工業高等専門学校 Canじゃっど!(町田貴洋)

部門賞

種目 順位 チーム(代表者) 記録
種目1:ロケット部門
(滞空・定点回収)
優勝 岐阜工業高等専門学校
Sera(森川竜晃)
得点 21点
(滞空 43.53秒,距離 21.0m)
準優勝 名古屋大学
宇宙開発チームNAFT Blue Impact(坂本一樹)
得点 13点
(滞空 11.52秒,距離 26.0m)
種目2:ロケット部門
(ペイロード有翼滞空)
優勝 鹿児島大学
SATSUMA紅はるか(西健太)
滞空時間 23.11秒
準優勝 九州大学
PLANET-Q Team DenDen(徳田篤樹)
滞空時間 12.82秒
種目3:ロケット部門
(高度)
優勝 愛知工業大学
なちゅポテAIT(三木一慶)
高度 339m
準優勝 早稲田大学
夢の国のキムワイプ(並木克也)
高度 301m
種目4:ロケット部門
(フライバックタイムアタック)
優勝 九州大学
GALAXY-Q(荒川稜平)
回収時間 5分43.01秒
準優勝 早稲田大学
宇宙航空研究会 エリュテイ(吉岡小織)
回収時間 7分12.08秒
種目5:CanSat部門
(Come-backコンペ)
優勝 鹿児島工業高等専門学校
Canじゃっど!(町田貴洋)
距離 0.0m
準優勝 新居浜工業高等専門学校
Green Earth Japan(青木涼)
距離 1.4m

審査員特別賞

賞名(協賛企業等 50音順) 種目 チーム名(代表者)
奨励賞
(種子島宇宙センター所長賞)
種目4:ロケット部門
(フライバックタイムアタック)
ものつくり大学&室蘭工業大学
MAXS SARDフライバックタイムアタック共同ミッションプロジェクトチーム(池田勝紀,中村智哉)
ベストプレゼン賞(ロケット部門)
(IHIエアロスペース賞)
種目4:ロケット部門
(フライバックタイムアタック)
東京農工大学
航空研究会 TEAM BLUE ROSE(猿橋大)
チーム賞
(宇宙技術開発賞)
種目5:CanSat部門
(Come-backコンペ)
室蘭工業大学
SARD Star Rabbit(松嶋龍文)
ベストデザイン賞
(川崎重工業賞)
種目2:ロケット部門
(ペイロード有翼滞空)
山口大学
山口学生宇宙開発研究プロジェクト IBIANA(三瀬佑朔)
ベストプレゼン賞(CanSat部門)
(コスモテック賞)
種目5:CanSat部門
(Come-backコンペ)
ものつくり大学
リコリス(和田真人)
ユーモア賞
(種子島観光協会賞)
種目1:ロケット部門
(滞空・定点回収)
山口大学
山口学生宇宙開発研究プロジェクト SHIZUKU(佐藤子瑚)
ユニーク賞
(中菱エンジニアリング賞)
種目5:CanSat部門
(Come-backコンペ)
SOMESAT
えだまめさんチーム(中山大輔)
敢闘賞
(日本宇宙フォーラム賞)
種目5:CanSat部門
(Come-backコンペ)
日本文理大学
NBU CanSat Project フライバックチーム(菅野将貴)
安全賞
(日本エア・リキード賞)
種目1:ロケット部門
(滞空・定点回収)
東京農工大学
航空研究会 Azure(林嘉孝)
アカデミック賞
(日本航空宇宙学会西部支部賞)
種目5:CanSat部門
(Come-backコンペ)
福岡工業高校
FUKKO:CT(木戸健二)
プロダクト賞
(三菱重工業賞)
種目2:ロケット部門
(ペイロード有翼滞空)
日本大学
ろけっとこんどる(MIAN YATACO BILAL JAVED)