ホーム > 過去大会 > 第14回(2018年)結果

第14回(2018)結果

概要

2018年3月8日(木)~10日(土)
参加者数:243名(ロケット部門:30チーム,CanSat部門:29チーム)

表彰

ロケットコンテスト大賞

愛知工業大学 ロケット研究会 なちゅポテAIT(永田真也)

各種目で優勝のモデルロケット・CanSatデザインのうち、次回以降の参加者が目指すのにふさわしいものに与える。

部門賞

種目 順位 チーム(代表者) 記録
種目1:ロケット部門
(滞空・定点回収)
優勝 東京工業大学 CREATE
CREATE(中込航)
滞空 10.01秒
距離 18.0m
準優勝 名古屋大学 宇宙開発チームNAFT
Hashed Potato(澁井七海)
滞空時間 11.21秒
距離 27.5m
種目2:ロケット部門
(ペイロード有翼滞空)
優勝 九州大学 PLANET-Q
MMNGプロジェクト(白水那青)
滞空時間 60秒
準優勝 愛知工業大学 ロケット研究会
RB-llロケット(小嶋一路)
滞空時間 37.17秒
種目3:ロケット部門
(高度)
優勝 愛知工業大学 ロケット研究会
なちゅポテAIT(永田真也)
高度 438m
準優勝 名古屋大学 宇宙開発チームNAFT
勇気ある知識陣(朝原元夢)
高度 358m
種目4:ロケット部門
(フライバックタイムアタック)
優勝 愛知工業大学 ロケット研究会
iRocket(渡辺瑛地)
回収時間 5分43秒
準優勝 該当なし  
種目5:CanSat部門
(Come-backコンペ)
優勝 愛知工科大学 斎藤研究室
SuperNOVA(秋山実穂)
距離 0.0m
準優勝 ポリテクカレッジ川内
PIXIES(谷川大輔)
距離 0.0m

審査員特別賞

賞名(協賛企業等 50音順) 種目 チーム名(代表者)
奨励賞
(種子島宇宙センター所長賞)
種目1:ロケット部門
(滞空・定点回収)
九州大学 PLANET-Q
White Origin(金子宗瑚)
大きな飛躍を遂げる潜在的可能性があるシステムデザインに対して与える。
ベストプレゼン賞(ロケット部門)
(IHIエアロスペース賞)
種目2:ロケット部門
(ペイロード有翼滞空)
東京農工大学 航空研究会
Fliegend Pinguin(吉田嶺)
ロケット部門の技術発表会で、もっとも分かり易く且つ印象に残ったプレゼンテーションを行ったチームに対して与える。
チーム賞
(宇宙技術開発賞)
種目5:CanSat部門
(Come-backコンペ)
日本大学 生産工学部 CIT‐宇宙技術研究会
Aチーム(齋藤創)
すぐれたチームワークを発揮したチームに対して与える。
ベストデザイン賞
(川崎重工業賞)
種目3:ロケット部門
(高度)
愛知工業大学 ロケット研究会
なちゅポテAIT(永田真也)
技術的な観点からみてもっとも洗練されたデザインに対して与える。
ベストプレゼン賞(CanSat部門)
(コスモテック賞)
種目5:CanSat部門
(Come-backコンペ)
東京農工大学 航空研究会
Царь(ツァーリー)(栗原遥樹)
ペイロード部門の技術発表会で、もっとも分かり易く且つ印象に残ったプレゼンテーションを行ったチームに対して与える。
ユーモア賞
(種子島観光協会賞)
種目5:CanSat部門
(Come-backコンペ)
鹿児島大学
SATSUMA-100均SAT(須藤順平)
競技中にもっとも観客を沸かせたチームに与える。
ユニーク賞
(中菱エンジニアリング賞)
種目5:CanSat部門
(Come-backコンペ)
室蘭工業大学 学生航空宇宙研究開発機構SARD
シュバルツ・アンタレス(ANG YIYONG)
ロケットコンテストを通じ、奇抜な発想でユニークさをアピールしたチームに与える。
敢闘賞
(日本宇宙フォーラム賞)
種目5:CanSat部門
(Come-backコンペ)
早稲田大学(一般参加)
ソラカケ(松尾一毅)
傑出したチャレンジスピリットを有していたチームに対して与える。
安全賞
(日本エア・リキード賞)
種目4:ロケット部門
(高度)
ものつくり大学 宇宙開発研究プロジェクト MAXS
MAXS;CREATORS(池田勝紀)
安全面できめ細かい配慮をしていたチームに対して与える。
アカデミック賞
(日本航空宇宙学会西部支部賞)
種目5:CanSat部門
(Come-backコンペ)
SOMESAT
えだまめ!!(後藤輝)
工学的見地に基づき完成度が高いチームに与える。
プロダクト賞
(三菱重工業賞)
種目3:ロケット部門
(高度)
名古屋大学 宇宙開発チームNAFT
勇気ある知識陣(朝原元夢)
製作面での緻密さがうかがえるロケットに対して与える。